四日市で弁護士をお探しの方はお気軽にご相談ください。

弁護士法人心 四日市法律事務所

通院交通費の請求に関するQ&A

  • 文責:所長 弁護士 北野岳志
  • 最終更新日:2021年12月29日

交通事故で負傷したため、病院でリハビリを受けることになりました。自動車通院をする場合、ガソリン代は支払ってもらえますか?

治療期間中のガソリン代を請求できます。

交通事故で怪我をした場合、病院で診察やリハビリを受ける必要があります。

病院が徒歩圏にない場合には、自動車や公共交通機関を利用して通院する必要があります。

自動車により通院した場合には、実務では、1km当たり15円のガソリン代を加害者に請求することができます。

ただし、勤務先から通院した場合には、直接自宅まで帰宅する場合と比較して、勤務先、病院、自宅と順番に移動したことにより増えた距離分のガソリン代を請求できます。

また、通院の際、有料駐車場に駐車する必要がある場合には、その駐車料金も請求することができます。

駐車料金の証拠として、駐車場の領収書は保管しておきましょう。

通院のために公共交通機関を利用した場合には、通院交通費を請求することができますか?

バスや電車を利用した場合には、その料金を請求できます。

一方、タクシー代は、タクシーを利用する必要性が認められなければ加害者には請求できません。

バスや電車を利用して通院した場合、その料金を通院交通費として請求します。

料金の領収証を保管しておくか、電子マネーの利用履歴を残しておくと、通院交通費を証拠化できます。

バスや電車と異なり、タクシーについては、タクシーを利用することが相当と認められる事情がある場合に限り、通院交通費として請求できます。

例えば、足を骨折しており、自動車を運転することも、バスや電車で通院することもできない場合や、バスや電車では病院まで長時間かかってしまうような場合が考えられます。

上記のような必要性が認められない場合、加害者に対してタクシー代を請求できない可能性があります。

頻繁に通院する必要がある場合、タクシー代が高額となり、加害者に請求できない場合、負担が大きくなります。

通院のためにタクシーを利用する必要があると考えておられる方は、一度、弁護士にご相談ください。

弁護士法人心は、多数の交通事故案件を扱っているほか、内部勉強会も頻繁に行っており、膨大な知識・ノウハウを蓄積しています。

四日市にお住まいで、交通事故にお困りの方は、是非、弁護士法人心にご相談ください。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ