四日市で弁護士をお探しの方はお気軽にご相談ください。

弁護士法人心 四日市法律事務所

自己破産の手続きにはどれくらいの期間がかかりますか?

  • 文責:所長 弁護士 北野岳志
  • 最終更新日:2021年12月17日

1 自己破産手続の大まかな流れ

自己破産の手続きにはどれくらいの期間がかかるのか気になっている方へ、自己破産手続にかかる期間を自己破産手続きの流れに沿って説明していきます。

2 弁護士に依頼してから自己破産の申立てまで

自己破産を弁護士に依頼すると、弁護士からすべての債権者へ受任通知という書面が送付されます。

受任通知が送付されると、債権者からの催促の電話等が止まり、借金の返済を一旦停止することになります。

そうしている間に、自己破産の手続きに必要な弁護士費用や裁判所へ提出する資料の収集、家計の状況の作成等の準備を進めていくことになります。

弁護士費用を分割で支払う場合には、どれくらいの期間で支払いが完了するかは人によって異なりますが、半年~1年ほどかかる場合もあります。

3 自己破産の申立てから開始決定まで

自己破産の申立てをすると、申立ての際に提出した書類や資料を裁判所がチェックします。

その後、裁判所から事情の説明を求められたり、追加資料の提出を求められることがあります。

裁判所がこれらの資料を精査し、破産手続きを開始する決定が出されます。

申立てから開始決定までの期間はおおむね1~2か月です。

4 同時廃止事件の開始決定後の手続き

自己破産の同時廃止事件では、裁判所によっては免責審尋といって裁判所に行って裁判官から質問を受ける日が設けられることがありますが、津地方裁判所四日市支部の場合、基本的には免責審尋はありません。

したがって、開始決定が出たら、2~3か月ほど待っていると免責許可決定が出されることになります。

5 管財事件の開始決定後の手続き

破産管財事件では、開始決定から2~3か月後に債権者集会という期日が指定されます。

債権者集会とは、裁判所に裁判官、破産管財人、申立代理人弁護士、破産者本人が集まり、破産管財人から財産調査や財産処分、債権者への配当の状況についての報告があったり、裁判官から破産者に対して質問がなされることがあります。

財産の処分が必要な事案では、債権者集会が2~3か月に1回ほどのスパンで複数回開かれることもありますが、財産がほとんどない場合や、処分が容易な財産のみである場合には、1回で終わることも多いです。

また、開始決定から債権者集会までの期間には、破産管財人の事務所へ行って管財人と面談が必要になります。

6 自己破産にかかる期間

自己破産にかかる期間をまとめると、①もうしたてまでの準備期間が半年~1年ほど、②申立から開始決定までが1~2か月、③同時廃止事件では、開始決定から免責許可決定まで2~3か月ほどかかります。

③管財事件では、開始決定から第1回目の債権者集会まで2~3か月かかりますが、事情によっては複数回債権者集会が開かれるかもしれません。

そして、④債権者集会で財産処分、配当まで完了すると、その債権者集会の場で免責許可決定が出されます。

このように、自己破産の手続き終了までには一定の期間がかかりますので、自己破産の手続きは信頼できる弁護士にご依頼ください。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ