四日市で弁護士をお探しの方はお気軽にご相談ください。

弁護士法人心 四日市法律事務所

個人再生をすると会社に知られるのですか?

  • 文責:所長 弁護士 北野岳志
  • 最終更新日:2022年2月7日

1 個人再生をすると会社に知られるのか?

借金問題で悩んでいて個人再生をお考えの方の中には、個人再生をしたことが会社に知られてしまうと、会社での立場が悪くなってしまうのではないか…、最悪クビになってしまうのではないか…、と不安に思われている方もいらっしゃるかもしれません。

個人再生をすると、会社に知られてしまうのでしょうか。

2 基本的には会社に知られることはない

まず、個人再生をしても、裁判所等から会社に連絡が行くことはありません。

また、個人再生の場合、自己破産のような職業・資格の制限はありませんので、会社に個人再生をした旨を自ら報告する必要もありません。

したがって、個人再生をしても、基本的には会社に知られることはありません。

3 会社に知られる可能性がある場合

しかし、以下のような場合には、会社に個人再生をする(した)ことを知られてしまうことがあります。

⑴ 会社からも借金をしている場合

個人再生の手続きでは、すべての債権者を平等に取り扱わなければならないというルールがあり、個人再生を弁護士に依頼した段階ですべての債権者に対する返済を停止しなければなりません。

つまり、会社からも借金をしている場合、他の債権者と同様に会社への返済も停止しなければなりませんし、会社からの借金も個人再生の手続きに含めなければならないのです。

したがって、会社から借金をしている場合には、個人再生をすることが知られてしまいます。

もし内緒で会社への返済を続けてしまった場合、偏頗弁済に該当し、個人再生が認められない可能性があります。

⑵ 退職金がある場合

個人再生の手続きでは、自らの財産に関する資料の提出を求められます。

その財産の中には、退職金も含まれますので、退職をした場合にもらえる退職金の金額がいくらかを証明する資料の提出を求められます。

就業規則や退職金規定等に細かい計算式が記載してありその掲載式にしたがって計算することが可能であったり、定期的に退職金の金額が会社から開示されるような場合であれば、会社の方に改めて資料の提出を求めることまでは必要ありません。

他方で、これらの資料が何もないような場合には、会社に退職金額を証明する書類を作成してもらう必要があり、その際に会社に個人再生をするのではないかと勘付かれてしまう場合があります。

⑶ 会社が官報を確認した場合

個人再生をすると、官報に情報が掲載されますので、官報をよく確認している会社の場合には、個人再生をしたことが会社に知られてしまう可能性があります。

4 個人再生のご相談は弁護士法人心まで

個人再生をする(した)ことが会社に知られてしまう場合は、かなり限定的であると考えられます。

個人再生のご相談は弁護士法人心までお気軽にご相談ください。

  • 電話法律相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ